G-system web sites /CPXの原理


鮮度保持剤・浄化装置など地球環境に特化した企画・製造・販売メーカー

Product information

HOME > 製品案内 > CPXの原理

CPXno.png


脂肪酸ナトリウムは天然の界面活性剤

厨房のシンク(洗い場)から流れ出る水は各種調味料に含まれる塩分が豊富です。
この塩分を活用しグリーストラップ内の油を分解するシステムが「CPX」となります。

  1. 特殊開発M管内の特殊マグネットで作られた強力な磁場の中を空気が通る事により、磁化された空気がマイクロバブルとなり、水をOとHに分離
  2. ローレンツ力により、水に溶けているNaClのNaと結合し水酸化ナトリウムが造られる
  3. 水に浮く油脂分と水酸化ナトリウムが加水分解により、グリセリン(少量)+脂肪酸ナトリウムを造る

TBSリターン装置をつけて更に改善!完璧な装置となります。

  • TBSリターン装置は、グリーストラップの最終槽に貯まった水を第一槽、第二槽へ戻す装置です。
  • (max 6,000㍑/Hが滞留する計算になります)
  • この装置にも特殊マグネットが採用され、磁化された水を戻します。
  • M管によるマイクロバブルの磁化された気泡と相まって、脂肪酸ナトリウムの発生を促進させます